2016年3月 2日 (水)

卒業~咲くことのできる場所で咲きました~

息子が無事に卒業しました。

多分この高校でなければ経験できなかったことがたくさんありました。

何より嬉しかったのは先生方や友人たちの信頼を得て沢山の貴重な経験を彼に与えて下さったこと。

人の上に立ってみた時に目立たないけれど陰で支えなければならないことがあるということを知り「物事というものは必ず誰かが見えないところでがんばってくれている」という新たな感謝の気持ちを持てるようになったようです。

持ち前の穏やかさと冷静さで周囲のムードを和やかにし癒していたというエピソードも何度か聞くことができました。

真面目で一生懸命取り組むことが成績として評価されると、より一層頑張るようになりました。

厳しかった部活動は次々とメンバーが辞めていく中、最後までやり通しました。

どうしても欲しい自転車が高かったため、生まれて初めてアルバイトをし自分でお金を稼ぎました。

昨年には息子を好きと言ってくれる女性ができました。

恋愛こそとっても得がたい体験だと思うんです。このことは素直にとても嬉しかった。

そして沢山の友人と多くを語り思う存分に遊びました。

ストレスのはけ口を間違った方向に持っていき激昂したわたしと涙の話し合いをした日もあったよね。

本当に成長著しかったあっという間の三年間でした。


ベストセラー「置かれた場所で咲きなさい」をちょっと真似させていただくとすれば、本文のタイトルになるような気がします。

彼は自分が咲くことのできる場所で見事に開花したといえると思います。彼の良さを最大限に引き出して下さったすべての方々に心から感謝しています。



さて、そんな息子は4月から巣立っていきます。

高二の夏頃から医療技術者の道に興味を示し、その決意は最後まで緩むことなく11月の受験に突き進みました。そして志望校に合格することができました。

国家試験を目指し新たな試練の道を歩みます。

今度こそ本当に一人で頑張っていかなければならない険しい道です。

でも人生は一度きり。

自分の夢に向かってこれからもあなたらしく進んで欲しい。

わたしは見守り応援することしかできないけれど、これからもずっとあなたの理解者でいたいと思う。

Img_2909

卒業おめでとう。

2016年2月14日 (日)

新たなはじまり☆ ~第二章~

『 いろは詩多~第二章~ 』として再び自分と向かい合ってみることにしました。

過去記事断捨離。さようなら・・・。

今までお休みしていたのには理由も多々あります。

備忘録や思い出代わりなら他にも色々な手段がありこの間そうしてはきたのですが・・・。

やはり誰かに聴いてほしくて想いを共有したくてまたここに戻ってきました。

一度離れてみてわかったことなのですが、ログインするのになぜだかとっても勇気が要りました。

でも、いざ入ってみたら変わらずここは居心地の良い場所でした。

お知り合いのみなさんが温かく優しく迎えてくれました。

最近すぐに泣いてしまいます。

みなさん、本当にありがとうございますheart02

一人の時間が増えて正直寂しくなってきたこともあります。

つくづく幼稚でわがままだなあ~って思います。

でもごめんなさい。これがありのままのわたし・・・。

♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪

約一年半の間、本当に様々なことがありました。

体調不良続きで繰り返した通院と検査、それに伴う健康への意識改革、息子の進路決定、大切な人との別れ、卒業家族旅行、今年迎えた新たな試練。

何をどれから話していいのかわかりませんsweat02

今のわたしは少し衝動的でひとつ語り始めたら止むことなくネガティブなことを言ってしまいそうなので(^_^;)第二章のはじめはこのくらいで終わりにしたいと思います。



♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪

今日は(*´v)σ*バレンタインデー♥(´v*) ですねheart01

相棒さんは出張で泊まり、息子はpresentチョコをもらいに?おデートです。

最近少し耳が遠くなって歳を取ってきた愛犬と風邪治りかけの自分はお留守番。

まだ体調が万全ではないからか何もやる気がなくバレンタインデーの今日はメンズがいないのをいいことに明日に回してしまおう作戦ですcoldsweats01





みなさんはどんな一日を迎えていらっしゃいますか?

都会は春一番tuliptyphoonが吹いたとか…?

どうぞ素敵な一日をlovely

Yjimage


今日もたくさんのお幸せがありますようにclover


薄紅こまち

» 続きを読む