ペット

2017年8月17日 (木)

三ヶ月~愛犬 虹の橋へ~

我が家のシンボルツリー百日紅は今まさに満開。
毎年お盆には華を添えてくれます。





そんな最中…
愛しい愛しい我が仔の三回目の月命日を迎えました。


愛犬こころが五月に虹の橋を渡ってから早三ヶ月。
リビングの片隅にささやかな祭壇を作り毎日無宗教の祈りを捧げています。


着る仔がいない洋服。
付ける仔がいないリード。
乗る仔がいないカート。
お気に入りのおもちゃもぬいぐるみも…
すべて匂いが残ったままです。

少しずつ少しずつ、こころのいない生活に慣れてきてはいるものの、未だに家のあちこちであの仔の姿が見えるような気がします。

こころはわたしたちにとって宝。
かけがえのない家族。
愛おしい愛おしい我が仔でした。
こころが与えてくれた光、希望、元気、笑顔、優しさ…。
けして忘れることはありません。
すべてが素晴らしい毎日でした。
こころと出逢えたこと、たくさんの幸せな時間を与えてくれたこと、心からこころを愛し、こころもまた真っ直ぐに愛してくれたこと。
感謝の気持ちでいっぱいです。


どんなに呼んでもどんなに泣いてもこころが戻ってくることはなくて…。
この三ヶ月、想像以上の喪失感や寂しさと向き合いながら少しずつ気持ちに折り合いをつけて過ごしてきました。
約一年の闘病生活の末に旅立った愛犬ですが、最期の瞬間まで小さな身体を奮い立たせ一生懸命生き抜いた姿(最期を看取れたのはわたし一人でした)に、生命の大切さと生きていくことの勇気を改めて教えられた気がしています。

今わたしにできることは、与えられた人生を前向きに大切に生きること。
今の生活に慣れていくこと。
ちょっと時間はかかるかもしれないけれど…。
こころと過ごしたかけがえのない12年半に感謝しながら一歩ずつ進んでいきたいと思います。






愛するここちゃん。
たくさんの幸せを本当にありがとう♡



✩三ヶ月はひとつの節目だと思っています。
今こうして愛犬の話を出せたことは、わたしにとって大きな進歩です。
この度、優しいみなさまに甘えて記事にさせていただきました。
また、前ブログでもたくさんの方に可愛がっていただきました。
ご報告が遅くなってごめんなさい。
そして改めて感謝申し上げます。

ありがとうございました。

無料ブログはココログ